関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

建具の変更

建具の変更

平塚市介護保険住宅改修工事適用建具の変更 浴室内開きドアから折れ戸に変更

介護が必要になったとき、浴室の内開きドアはどうしても使い勝手が悪くなります。浴室内にシャワーチェアーを置くと、ドアの開閉に干渉する。介助者が一緒に入ると、ドアの開閉に干渉する。浴室内で転倒した場合、ドアを開閉し救助するのが困難。など、不便な点はたくさん出てきます。

… 続きを読む

手摺奉納

手摺奉納

平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社へご奉仕に参加させて頂き20年が経ちます。前鳥神社崇敬会会員となり、現在は青年委員長を御受けしております。来年は御鎮座1650年を迎える為、神社境内では各所において改修工事が進められております。小さなことではありますが、境内にある奨学神社の階段に手すりを材工共に奉納させていただきました。

境内にある奨学神社ですが、階段上がりで捉まるものがありませんでした。

両側に手摺を取り付けます。

小さなお子様もご高齢の方も安全にお参りが出来るように、皆様に使用して頂けましたら幸いです。

前鳥神社ホームページブログ

… 続きを読む

浴室手摺(ユニットバス対応)

浴室手摺

平塚市内

介護保険住宅改修適用工事

ユニットバスに後付けでオリジナル手摺を取り付けます。洗面脱衣所から浴室の引き戸を開け、洗い場そして浴槽へつながる手摺。ユニットバスは1.25坪タイプで洗い場が広い。その為、介助スペースは十分確保できますが移動距離が長くなります。ユニットバスメーカーのオプション手摺ではこのような形状の手摺は不可能です。利用者様、介助されるご家族によって、手摺の提案は千差万別です。

必要な場所に必要な手摺を。

玄関アプローチ手摺

平塚市

介護保険住宅改修適用工事 各所手摺の取付

利用者様は入院中ではありますが、本人はもとより、リハビリを担当するPTやケアマネージャー、ご家族で退院後の生活に支障が無いように各所に手摺を取り付けました。「必要な場所に必要な手摺を」利用者様の自立支援及び介助するご家族の負担軽減になるよう十分な打ち合わせの元、手摺の取付詳細を決めました。主だった箇所の手摺写真です。

2階へ上がる階段手摺は、既存の手摺以外に反対側にも新設しました。

2階廊下 寝室からトイレに行く動線

玄関アプローチ手摺

他にもトイレの中やリビング、浴室に至るまで各所に手摺を取り付けました。元気に退院されるのを待つばかりです。

段差解消 敷居撤去とスロープ

段差解消 スロープ

平塚市 M様邸 段差解消工事 敷居撤去とスロープ

車椅子で室内を移動されているM様にとって、ちょっとした段差が乗り越えられない。廊下と各居室の出入り口にあるドア下の枠が障害になりやすい。

現在の住宅はバリアフリーが基準で設計されているので、ドア下の枠が無いことが多いのです。過去の住宅では、四方枠と言って上下左右の四方向に枠がついていました。

高さは、たった2センチ。この2センチが車椅子の通行を邪魔するのです。車椅子の前輪は小さく数センチの段差にさしかかると、回転してしまうのです。この敷居を撤去して、3ミリ以内の段差に改修します。

… 続きを読む

階段手摺(スキップフロアー)

階段手摺

平塚市 M様邸 スキップフロアー階段手摺

過去には設計(間取りや外装デザイン)にこだわり、お洒落な住宅がステータスな時代もありました。今でもデザイナーズ住宅のように見る人が憧れてしまう「かっこいい」家が建築されています。

M様のお宅も鉄筋コンクリート造で、建築された時代ではハイカラな住宅だったと思います。しかし、住まう人が年を重ね身体的に変化が現れたとき、室内のお洒落だった間取りは大きなバリアと化してしまう。

2階建ての家ではあるが、玄関へ行く廊下にはスキップフロアーがある。その昇降さえ体がついていかなくなってしまうのです。

デザイン的には着けたくなかった手摺ですが、転倒して寝たきりになってしまうことを考えれば必要品ですね。

浴室床材の改修

浴室床材の変更

平塚市 K様邸 浴室床材の改修工事介護保険住宅改修工事適用可 滑りにくい床材へ変更

在来工法での浴室。壁や洗い場の床はタイルで仕上がっています。少し前、浴室の掃除をしている時、濡れたタイルに足を滑らせ転倒してしまったK様。他でも良く聞く話である。大きな怪我は無く一安心でしたが、滑りやすい床タイルは怖いです。そこで、介護保険でも適用出来る滑りににくい床材への変更工事を提案いたしました。

改修で使用する床材はTOTOのグリップフロアです。

… 続きを読む

玄関アプローチから玄関框昇降の動線

玄関アプローチ跳ね上げ式手摺

平塚市 S様邸 手摺取付と段差解消工事

手摺があれば歩行にて外出可能な場合、手摺の動線を十分検討することが大切になります。S様の場合は、手摺の利用と半介助にて外出いたします。特に困っていた玄関框の昇降と玄関アプローチの動線と段差。

十分な検討の結果、以下のように提案し、施工いたしました。

玄関框には高さを半割りにした式台を設置し、歩行と昇降を兼ねそろえた形状の手摺を提案いたしました。そして、玄関引き戸を開けると、そのままアプローチ手摺を利用できるようにしました。玄関アプローチ床面タイルの段差も手摺にしっかり掴ることで、不安定な歩行を支えます。庭に廻る時には手摺が邪魔してしまいますので、中間は跳ね上げ式にしました。利用者様の動線の確保と、ご家族の生活利便性をともに検討し提案いたしました。

車椅子外出用ウッドデッキスロープ

車椅子外出用ウッドデッキスロープ

平塚市 K様邸 車椅子外出用ウッドデッキスロープ

数年前は手摺を使って歩行できていたK様。当時も必要な箇所に手摺の取り付け依頼を請けお手伝いさせて頂きました。しかし、加齢とともに筋力も落ち歩行での移動が困難になってしまいました。週に5回も行くデイサービス。その都度、ご家族とワーカーさんが2人がかりで狭い玄関から外出させていました。狭くて段差のある玄関からマンパワーで外出する事は、本人も精神的不安がともない、家族も腰痛などのリスクを背負うことになります。

そんな状況から、ご家族、ケアマネージャー様から車椅子での外出に適応できるスロープの相談をされました。現地の状況は玄関アプローチが狭く、階段及び段差が多く福祉用具レンタルのスロープでも滑り台のように急勾配にしかならない状況でした。

そこで提案させて頂いたのが、K様の寝室前にある裏庭からの外出方法でした。濡れ縁の前がK様の寝室です。ベッドから車椅子の移乗し、そのまま介助が楽に外出できるようにする。

… 続きを読む

第3回 在宅ケアフェスタinひらつか開催案内

ひらざいフェスタ

第3回 在宅ケアフェスタ in ひらつか 開催のご案内

日時 平成27年11月21日(土曜日) 11:00 ~ 16:30場所 ひらつか市民活動センター 2階主催 平塚の在宅ケアを考える会後援 平塚市・平塚市社会福祉協議会協力 エーザイ株式会社・久光製薬株式会社・株式会社大塚製薬工場・フクダライフテック横浜株式会社問い合わせは、はるケアサービス 0463-26-6410参加費は無料です。

フェスタの主たる内容1、平塚の在宅ケアを考える会の紹介2、基調講演 「平塚の現状 ~病院、施設では死ねないわけ~」 昭和クリニック 院長 上野善則3、在宅医療機器の紹介と展示 血圧・骨密度測定実施(無料)4、平塚の在宅ケアを考える会 会員による講演 「やっぱり我が家がいいねぇ いつまでも支えたい私たち」●知ってて良かった!心によりそう訪問看護 鈴木多加子●最後まで わがままをかなえる介護 小村由美子●元気になった 早い時期からの住宅改修 川崎久満5、特別講演 「かかりつけ医の在宅(施設)ケア」 内科久保田医院 院長 久保田毅6、何でも質問 「家族介護にこんな支援があったら」

* 平塚の在宅ケアを考える会とはわたしたち、市内の医療や介護、福祉に関る様々な職種が、「互いに学び合い、交流する場」として平成20年に発足した会です。わたしたちは、病気や障がいでの介護が必要になっても、いつまでも自分らしく、この地域で暮らし続けられる、そんな在宅ケアのネットワークを、地域の皆さんとともに創りたいと願っています。「職種や事業所の垣根をこえて」を合言葉に、毎月集まって情報交換やグループミーティングを行っています。代表 昭和クリニック 院長 上野善則

フェスタのチラシはクリックすると大きく見られます。 多くの皆様のご来場お待ちしております。

 

 

… 続きを読む