専門サイト

  • 有限会社勝建ホーム
  • 施工と挑戦の記録 – 新築編 –
  • リフォーム・リホーム・勝建ホーム
  • 介護住宅・介護リフォームの造り方
  • ペットリフォ

関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

過去のデータ

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

介護の部屋を造る その2

伊勢原市 介護の部屋を造る
介護保険住宅改修工事適用(補助金上限20万円)
重度障がい住宅改造助成金適用(補助金上限80万円)
※各補助金については、実費負担額が異なります

車いす生活となった利用者様の為に、1階和室を寝室にする。
利用差様専用のトイレスペースを和室(寝室)に造る。
外出は和室(寝室)の広縁から庭園ベランダに出て昇降機利用。

介護の部屋を造る 
畳からフローリングに変更
押入空間をトイレスペースに変更

… 続きを読む

段差解消工事 トイレ出入り口

平塚市 段差解消工事 トイレ出入り口
介護保険住宅改修工事適用

段差解消 トイレ出入り口 
トイレ出入り口の段差。
利用者様の身体状況によって、この段差が障害になる子とはよくあります。
段差となっている敷居を撤去してバリアフリーにします。
ツーバイフォー住宅なので、廊下側とトイレの中側は床レベルが同じ。
既設ドアの高さを足してあげればコストダウンもできてバリアフリーになります。

… 続きを読む

マンションリフォーム 車いす生活

神奈川県内 マンションリフォーム 車いす生活

リフォーム目的
1、車いすでも自由にベランダへ出入りできるようにしたい
2、既設洗面化粧台を加工して車いすでも利用できるようにしたい
3、トイレ 便座への移乗に必要な手摺の設置
4、入浴 必要な箇所への手摺設置
   ※ 上記、自治体の障害者住宅改造助成金適用工事

マンションリフォーム 車いす生活 

ベランダの出入り口はサッシ枠(レール)など段差が有り、そのままでは車いすでの出入りは不可能です。

… 続きを読む

介護リフォーム 通路面材の変更

介護リフォーム 通路面材の変更

通路面材の変更 
和庭の玄関アプローチ。
鉄平石や飛び石をレイアウトしお洒落に和風イメージを演出する玄関アプローチですが、高齢や病気、障害により体が変化していくと、日常生活動作に支障が出てきます。
ビジュアルより実用的になる改修として、通路面材を変更し、躓く原因を少なくしていく。
そして、現状のイメージを残し大きく変化させない。

通路面材の変更 
アプローチを平滑なタイルに変更しました。
そして通路の障害を無くしました。
通路面材の変更 
通路面材の変更 
通路幅の変更と手摺位置の変更。
和のイメージを残しつつ、最低限必要な足元の障害を取り除く。

通路面材の変更 
通路面材の変更 
少し歩きやすくなりましたね。

通路面材の変更 
アプローチ階段の蹴上高を軽減しました。
蹴上の高さが大きと転倒や躓きの原因になりやすいのです。
お怪我の無いようにお過ごしください。

ご用命ありがとうございました。

介護リフォーム 車いす生活 外出編

神奈川県 介護リフォーム 車いす生活 室内編
介護保険住宅改修工事適用
※障害手帳(下肢不自由)1級または2級認定の場合、自治体ごとの住宅改造助成金の適用が有ります

車いすでの生活をする場合、日本の住まいは空間が狭く非常に使いづらい設計が多い。 利用者様のライフスタイル、同居家族、介護状況等を考えたうえで、日常生活における優先順位を検討する必要が有ると思います。
・排泄
・食事
・外出
・入浴
・くつろぎ
・来客
様々シーンを考え利用者様の自立支援につながるような提案が出来ればベストです。

その中でも、排泄は誰もが最後まで自立したい行動ではないでしょうか。 前回はその排泄における改修事例をご紹介いたしました。続いて、外出編を紹介いたします。

介護リフォーム スロープ 
現在の寝室前、お庭の様子です。
車いすでの外出は玄関からではなく寝室から直接行えるように提案いたしました。

… 続きを読む

トイレ入口 段差解消

平塚市 介護リフォーム トイレ入口段差解消工事
介護保険住宅改修工事適用

トイレ入口ドアの敷居
廊下側(トイレ入口)は6センチの段差
トイレ室内側(トイレ出口)は7センチの段差
廊下もしくはトイレの床を大きくリフォームしない限り平らにはなりませんが、出入り口の高低差は1センチなので低い方にスロープ処理して対応しました。

トイレ入口段差解消 
廊下側の段差

トイレ入口段差解消 
トイレ室内側の段差

この段差を解消します。

… 続きを読む

段差解消 リビング

平塚市 段差解消工事 介護保険住宅改修工事適用

段差解消工事 
リビングと廊下の出入り口。
敷居がバリアとなりつまづきの原因となります。
敷居を撤去しバリアフリーに変更。
建具と枠材は既存を使い補修します。

… 続きを読む

玄関ポーチ段差解消(スロープ工事)

平塚市 介護保険住宅改修工事適用

和風住宅のアプローチに多く使われてきた飛び石。
和のイメージも良く、見栄えのするものでした。
しかし、介護保険を利用するようになるとその飛び石も少なからず障害になってしまうケースもあります

玄関スロープ 
飛び石のイメージは残しながら、必要最小限でスロープを造ります。

… 続きを読む

床材の変更工事

平塚市 介護保険ん住宅改修工事適用 床材の変更工事
畳からフローリングに変更

茶の間で使っていた4畳半の和室をご利用者様の寝室に替え介護ベッドを置く。
この部屋を寝室にすることにより、水廻りや玄関への動線が短くなる。

床材の変更工事 
畳をフローリングに変更して、正面の掃出し木製窓を腰窓に変更します。

… 続きを読む

床段差解消工事

平塚市 床段差解消工事
介護保険住宅改修工事適用

廊下から各居室への入り口には3センチの段差があり、つまづいたり転倒の危険がありました。
段差解消する方法には、段差のある入り口にスロープ板を取付ける方法が最も簡単に出来る方法です。
しかし、スロープ板の出っ張りにつまづくなど更に危険を誘発するリスクもあります。
今回は廊下全体を3センチ上げて仕上げる方法、完全に廊下をバリアフリーにすることをご提案いたしました。

段差解消工事 
トイレの入口も3センチの段差。

… 続きを読む