専門サイト

  • 有限会社勝建ホーム
  • 施工と挑戦の記録 – 新築編 –
  • リフォーム・リホーム・勝建ホーム
  • 介護住宅・介護リフォームの造り方
  • ペットリフォ

関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

過去のデータ

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

玄関框・玄関アプローチ手摺

平塚市 玄関框・玄関アプローチ手摺
介護保険住宅改修工事適用

外出動線を安全に!

玄関框手摺 
住宅改修工事前は、福祉用具貸与品で玄関框の昇降をしていらっしゃいました。
玄関の広さによってはスペースを取り過ぎてしまうこともあります。
置き型タイプの為固定はされていません。その為安定性に不安を持つ方もいます。
福祉用具で対応した方が良いか?固定する住宅改修工事にした方が良いかは、お住まいの環境条件や利用者様の身体状況、あるいはご家族の意向も踏まえて、専門員と相談する必要が有ります。

… 続きを読む

手摺取付工事 (階段手摺)

茅ヶ崎市 階段手摺取付
介護保険住宅改修工事適用

和風住宅のこだわった間取りや仕様。
階段は昇り口4段がストリップで両側には壁等の触れる物、捉まる物はありません。
この4段での転倒リスクが大きくなります。
階段手摺 

… 続きを読む

手摺取付工事(浴室・トイレ)

平塚市 手摺取付工事
浴室・トイレの手摺取付事例
介護保険住宅改修工事適用

【浴室手摺取付】
在来浴室の手摺取付
広い浴室、大きなバススペース。
元気な時には、広い空間は開放的で快適な入浴ができます。
高齢になると、広すぎることがかえって障害となり、捉まる物が無ければ恐怖を感じてしまいます。また、寒さや冷たさもあり、快適な入浴から遠ざかっていきます。
浴室手摺 

… 続きを読む

玄関アプローチ階段手摺

平塚市 玄関アプローチ階段手摺
介護保険住宅改修工事適用

現在は福祉用具の貸与品を置き使用しておりますが、固定の手摺を階段形状、幅員を考慮してレイアウトします。

玄関アプローチ階段手摺 

… 続きを読む

勝手口階段手摺

平塚市 勝手口階段手摺
介護保険住宅改修工事適用

勝手口階段手摺 
勝手口の土間コンクリート2段。
幅も狭く土間コンクリートの強度も不安があります。
歩行の幅も現状と同じように確保し、強度も安心できるように手摺を取付けるには?

… 続きを読む

居室間仕切り 段差解消工事

平塚市 居室間仕切り 段差解消工事 (マンション)
介護保険住宅改修工事適用

居室の間仕切り建具には敷居枠が立ち上がっています。
段差解消工事 
敷居枠の高さは5センチ~6センチ程。
下肢に障がいがあるとこの段差でも跨ぐ動作が困難になり、転倒のリスクも高くなります。
これも、以前に実施されたリフォーム後の状態なのです。
リフォーム時には、この敷居段差に困難を感じていなかったのかもしれません。

… 続きを読む

浴室手摺取付とドアを引戸に変更

平塚市 浴室手摺取付とドアを引戸に変更
介護保険住宅改修工事適用 手すりの取付、建具の変更工事

手摺と建具の変更 
浴室ドアは左吊元で内開き。
利用者様の身体状況と介助方法により、「一般的にはこうする」と言う概念で進めるのは自立支援や介助者の負担軽減につながらない場合があります。
時には一般常識にとらわれず、改修する必要もあるのです。

どういう事・・・

… 続きを読む

玄関アプローチ手摺

伊勢原市、平塚市 玄関アプローチ手摺
介護保険住宅改修工事適用

玄関アプローチの仕上げ材によって取付方法が異なります。
仕上げ材は、タイル、コンクリート、平板、石敷、土、インターロッキング等、住まいに調和する仕上げ材を選択しています。
弊社では、それぞれの仕上げ材に対応していますので、お気軽にご相談ください。

玄関アプローチ手摺 
石敷の仕上げ材事例。
平面であった為、アンカー固定で取付。
石はコンクリートと違い表面が割れやすいので、アンカー工事の際には特に注意が必要です。

玄関アプローチ手摺 

… 続きを読む

階段手摺

平塚市 階段手摺
介護保険住宅改修工事適用

階段途中に窓があるケース。
後付けで手摺を取付ける場合、下地の構成上補強板を使用するケースが多くなります。
見栄えを重視すれば、補強板など使わない方がすっきりします。
しかし、介護保険を利用する手摺取付の主旨は、あくまで利用者様の自立支援と介助者の負担軽減が目的です。併せて安全性等を考え強度もしっかり確認することが必須です。
その為にも補強板を使用しての取付がベストな選択ではないかと考えます。

途中に窓がある場合、その補強板と手摺の構成を良く考えないといけません。また、勾配や金物の組み合わせを合わせれば昇降しやすい階段手摺になります。

階段手摺 

… 続きを読む

浴室手摺特集

介護保険住宅改修工事適用 浴室手摺特集

介護保険を利用することになっても、最後まで自立にこだわるのは排泄であり、トイレの手摺は本当に多くの方が利用されています。(参考 トイレ手摺特集
そして入浴もこだわりのひとつ。
デイサービスでの入浴、訪問入浴等、介護保険サービスで入浴介助はあります。
しかし、ご自宅での入浴にこだわるかたも多数いらっしゃいます。
お体の状況により、手摺の形状や高さ長さなど異なる様々な事例をご覧ください。

浴室手摺 

… 続きを読む