関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

和式トイレから洋式トイレに変更

小田原市 介護保険住宅改修工事適用
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
木造2階建て、2階部分の汽車便タイプの和式トイレを洋式トイレに変更しました。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
介護保険の住宅改修工事ではできなかったことをできるようにする。
利用者様の自立支援が最大の目的となります。
上限も20万円と定められておりますので、超えた部分は実費の扱いになります。

そこで、一般のリフォームとの違い、目的を達成させ且つコストパフォーマンスに努めることも必要な場合もあります。(目的外の箇所は費用を掛けない工夫)

コストパフォーマンスの工夫
1、内装工事(壁・天井のリニューアル)については、解体にともない干渉する最低の部位までを行う。
 壁クロスの仕上げは、窓から下部分に限定し、天井も既存利用。
2、照明器具は既存利用
3、ドアは既存利用
4、ペーパーホルダー既存利用(移設)

リフォームとなると改修箇所の全てを新しくしたくなるところですが、上記のように必要外の部分を工夫すればコストパフォーマンスにつながると思います。

和式トイレから洋式トイレに変更

茅ヶ崎市 N様邸 和式トイレから洋式トイレに変更工事

介護保険住宅改修補助金対象工事です。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
床、壁のタイル部分を改修して、壁上部、天井は既存のままでの改修です。
メリットは内装費用分のコストダウン。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
座位からの立ち上がり用に縦手摺を取付。

ベッドサイド水洗トイレ

横浜市 Y様邸 ベッドサイド水洗トイレ

介護保険の福祉用具購入の対象商品となった、TOTOのベッドサイド水洗トイレを取り付けました。
弊社では、TOTO様が商品開発され市場に発表さてから直ぐに顧客に導入いたしました。
当時は、介護保険の福祉用具購入対象品ではありませんでしたので全額自費で導入して頂きましたが、ご利用いただいているお客様からは非常に良い評判をいただいております。

Y様では、元和室を寝室にしており、介護用ベッドを使用しております。
ベッド横の障子を開けると広縁があり、この広縁を利用してベッドサイド水洗トイレを設置致しました。
ベッドサイド水洗トイレ
広縁奥の物入れを解体し、ベッドサイド水洗トイレを設置します。
正面は間口2,7メートルの掃き出しサッシがありますが、90センチの壁を設け、サッシは間口1,8メートルの物に交換いたしました。
… 続きを読む

ベッドサイド水洗トイレ

※数々の便器の変更事例はこちらから

平塚市 H様邸 ベッドサイド水洗トイレ設置工事

TOTOの「ベッドサイド水洗トイレ」を設置する。
今まではベッド横にポータブルトイレを置き使用していたが、夜の排泄回数も多くポータブルトイレでは座位の姿勢を含め利用者様にとって幾つかの不便さを感じていたそうです。また、排泄後の後始末において介助するご家族にも負担がありました。
そこでお勧めしたのが「ベッドサイド水洗トイレ」です。利用者様もご家族も納得し導入が決まりました。

ベッドサイド水洗トイレ
まずは、ベッド横に置いてあったタンスを移動し水洗トイレを置くスペースを確保。
設置前に商品を持ち込みベッドを寄せ、水洗トイレの向きや移乗距離、ペーパーやリモコンの設置場所等、ご本人と家族立会いで打合せを行いました。

… 続きを読む

水廻りのバリアフリー工事

※数々の手摺取付事例はこちらから
※数々の段差の解消事例はこちらから
※数々の床材の変更事例はちらから
※数々の建具の変更事例はこちらから
※数々の便器の変更事例はこちらから

平塚市 K様邸 水廻りのバリアフリー工事
介護保険住宅改修助成金適用工事

築年数が経過し段差や空間も、利用者様やご家族には負担が大きくなってしまいました。
浴室は在来工法なので床段差もあり、滑りやすい。また、冬場は寒さも感じやすく「ヒートショック」の危険も伴います。
トイレは和便器の為、簡易洋式便座を乗せて使用していましたが、空間が狭く思うように使用も介助も出来ていませんでした。
また、洗面化粧台や洗濯機のスペースも狭い空間の中に置かれ不便を感じていた状態です。
しかし、大幅な間取り変更は利用者様の混乱を招く事になり得策で無い場合もあります。K様の改修工事においても、大幅な間取り変更はせず、困難や苦労している事を改善し利用者様の自立支援に繋がるような提案をさせて頂きました。

水廻りのバリアフリー工事

… 続きを読む

トイレ改修工事  

※数々の建具の変更事例はこちらから
※数々の便器の変更事例はこちらから

小田原市 O様邸 トイレ改修工事

脳梗塞で倒れ現在はリハビリを繰り返し間もなく退院を迎えるO様。
室内移動は車椅子となり、排泄は半介助となります。

リハビリ先病院のPT・OTと本人、ご家族とともに事前打合せを行い、現況のトイレをどのように改修するか方針を固めました。
改修方針
1、現在のドア開口寸法600mmから800mmへ広げること。
2、トイレの中に車椅子及び介助者が入れること。
3、便器周りに跳ね上げ式の手摺を取り付けること。
4、本人左手側に立位姿勢を維持させる為の縦手摺を取り付けること。
5、段差は無いこと。

トイレ改修工事
トイレ改修工事
現在の扉は外開きのドアであり、開口幅も600mmしかない。
トイレ改修工事
トイレの中は手洗いカウンターがあり、車椅子及び介助者が入るスペースが取れませんでした。
また、便器も手洗いカウンターがあるためにタンクは手洗い無しの商品がセットされています。
ご家族が利用される時に手を洗うことが出来ず、便器類も取り替えることになりました。

… 続きを読む

トイレ改修工事 歩行器利用

※数々の便器の変更事例はこちらから

過去のプラニングでは、小便器と和便器の2空間をトイレとするケースが少なくありませんでした。
現代では洋便器一つのスタイルが一般的なトイレ空間となりました。
広さは、大半が畳1畳分以内ほど。介助や福祉用具を利用する場合はその広さでは不便になることもあります。

トイレ改修工事 歩行器利用トイレ改修工事 歩行器利用
小便器、大便器2つの空間を一つにすることによって、介助や福祉用具利用の出来る空間が成り立ちます。

… 続きを読む

ベッドサイド水洗トイレ

※数々の床材の変更事例はこちらから
※数々の便器の変更事例はこちらから

茅ヶ崎市 I 様邸 住宅改修工事

脳梗塞で入院、現在は在宅に戻る為リハビリに専念されています。
在宅に戻るにあたりどのように住環境整備をすればよいのか、ご家族や関係機関の専門スタッフと打合せ、利用者様にも介助される方にとっても最適な方法を提案させて頂きました。
まずは、寝室として使用する和室の床を畳からフローリングに変更し、介護用ベッドを据えることを前提とし、ベッドサイドにトイレをつくる。

ベッドサイド水洗トイレ

… 続きを読む

和便器から洋便器に取替工事

※数々の便器の変更事例はこちらから

平塚市 Y様邸 介護保険住宅改修工事適用
和便器から洋便器に交換

和便器から洋便器へ交換
床組みを解体し、腰壁パネルは下地合板を入れクロス仕上げとしていきます。

和便器から洋便器へ交換
完成です。

介護保険の住宅改修工事に適用され、上限は20万円まで1割負担となり、オーバー分は実費精算となります。