関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

トイレ改修工事 歩行器利用

※数々の便器の変更事例はこちらから

過去のプラニングでは、小便器と和便器の2空間をトイレとするケースが少なくありませんでした。
現代では洋便器一つのスタイルが一般的なトイレ空間となりました。
広さは、大半が畳1畳分以内ほど。介助や福祉用具を利用する場合はその広さでは不便になることもあります。

トイレ改修工事 歩行器利用トイレ改修工事 歩行器利用
小便器、大便器2つの空間を一つにすることによって、介助や福祉用具利用の出来る空間が成り立ちます。

トイレ改修工事 歩行器利用
トイレ改修工事 歩行器利用
広さは、畳1畳分の幅より約45センチほど広い空間です。
まれに見られるのが、畳1畳より幅の広い空間で、便器の設置を真ん中に配置している例です。
通常は左右どちらかの壁に寄せるのが適切と思われます。
介助を考えているケースでは利用者様の身体状況に応じ、左右を決定しなければなりません。

トイレ改修工事 歩行器利用
トイレ改修工事 歩行器利用
トイレ改修工事 歩行器利用
改修後、OTとともに検証をして頂きました。
歩行器を利用して十分自立できることを確認させて頂きました。