関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

退院前に住宅改修

平塚市 M様邸 介護保険住宅改修工事 手摺取付

入院中のM様の退院が決まった。と連絡を受けたケアマネージャー様から相談が来た。
よくあるケースですが、家族が連絡を受けた時点で退院日までは2週間程しか時間がない。
ケアマネージャー様と同行して入院先の病院へ行き、本人に会い、PT・OT様と打合せできたのは既に退院1週間前。
現地調査・見積作成・見積打合せ・申請種類の作成・施工と流れを考えれば到底1週間では間に合わないと思う。

結果は、退院までに全てを間に合わせました。
これが出来たのは、本人、ご家族そして関係者の横のつながりがあっての結果であったと思います。結果的には本人も退院後の在宅生活での精神的不安軽減と自立支援につながり、ご家族も利用者様が日中一人になってしまうことの不安軽減と介助支援の軽減につながり、実際に喜んで頂いた成果にはとても満足しております。
いかに関係職種の連携が大切かを実感できた事例でした。

改修内容は各所手摺の取り付けですが、事前に家屋調査をして頂いたPT・OT様の提案を更に改善提案させて頂いきました。
階段手摺の取付

主に階段手摺の取付提案ですが、利用者様は左片麻痺の障害が残りました。それでも発見が早くリハビリに従事した結果、手摺があれば階段昇降まで出来るようになりました。
PT・OT様の提案は、降りは既存手摺があるのでそれを使い、昇りは新規に取付けるとの意見でしたが、現場調査を行って見ると、既存の手摺は、中途半端に途切れている。しかも、手摺中間位置は幕板が厚み3センチもあり、指が入らないことが分かりました。これでは危険でお一人で階段を降りることは心配でなりません。
階段手摺取付

階段手摺取付
既存の手摺はそのまま使用するようにPT・OT様からの提案でしたが、危険が大きいと判断し、ご家族には既存手摺も改修する再提案をさせて頂きました。
階段手摺取付

階段手摺取付

階段手摺取付
昇りも降りも安心できる手摺が完成しました。
住宅内事故で最も多いのが、転倒、落下事故です。
リハビリで機能回復してきているとは言え、万一、転倒や落下事故が起きてからでは取り返しが付きません。
細かなことの配慮や提案がいかに大切であるか考えて頂きたい事例でした。

その他にも、トイレ、浴室、玄関に手摺を取り付けました。

本人面談から施工完了までの流れ
事前に本人、ご家族、PT・OT様で家屋調査済
某月2日(金曜日) 入院先病院にてケアマネージャー様同行、本人面談、PT・OT様とも打合せ
某月3日(土曜日) 午前、ケアマネージャー様同行にて、現地調査及びご家族と打合せ
某月3日(土曜日) 午後、ご家族が入院先の病院へ行き午前中の結果をPT・OTへ報告
某月4日(日曜日) 午前、ご家族へ打合せした工事内容の見積説明後合意して頂いた
某月5日(月曜日) 午前、介護保険事前申請書類作成、ケアマネージャー様理由書作成
某月5日(月曜日) 午後、自治体介護保険課へ事前申請、不備無く許可がおりる。即時、材料発注。
某月7日(水曜日) 打合せどおりの施工。一日で施工完了。
某月8日(木曜日) 午後、介護保険住宅改修工事の支給申請、受理。
某月9日(金曜日) 午前、利用者様無事退院。

M様、退院おめでとうございます。
安心して生活して下さい。