関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

トイレ手摺 ADLに合った高さ

トイレ手摺

※数々の手摺取付事例はこちらから

トイレの手摺取付事例

手摺の高さは利用者様の身体状況に合わせて取り付けることが望ましい。横手摺の場合、何でもかんでも床から750mmから800mmがいい、と言うマニュアルどおりにすれば良いわけではない。

ご覧のとおり、写真右側の横手摺はかなり高い位置に取り付けしてあります。
これじゃ使えないのでは?

トイレ手摺片側にふらつきが見える場合、腰位置ではかえって危険な場合も有ります。利用者様は背も高いが、胸の位置ぐらいが一番しっかり手摺をつかむ事が出来るようでした。
便座からの立ち上がりだけではなく、トイレに入る、座る、立ち上がる、そして出て行く。
この一連の動作の中で、手摺の形状や長さ、高さを決めていく必要があると思います。

全ては利用者様の自立支援の為に。