関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

建具交換の注意点

日本の木造建築はほとんどが尺モジュールで建築されています。
柱と柱の寸法が芯々910mmで、仕上げの寸法は750mm~780mmになります。
この寸法にドアが設置されていると、有効ドア寸法は750mm~600mmです。
健常者ならさほど不便さは感じないでしょうが、利用者様や介護者様にとっては非常に狭さを感じるのです。

注意するポイントは既存の開口幅でも支障が無く、単にドアから引き戸等に交換できれば良いのかどうかの判断です。
このことはケアマネージャーやPT(理学療法士)の皆様の意見やアドバイスを聞くのが良いと思います。
開口幅や高さを大きくしたい場合は、住宅の構造によって施工出来ない場合もあります。
信頼できる建築士や業者様に確認してもらうことが必要です。

現在、木造建築も尺モジュールからメータモジュールにしている住宅が増えています。
お住まいになられている住宅構造によっては、提案方法も大きく異なる場合があります。
木造に限らず、2×4工法、あるいはプレハブ、鉄骨、鉄筋コンクリートなど住宅の構造も様々ですので注意が必要です。

では、建具の交換とはどんな方法や商品があるのか少し紹介いたします。

●ドアから引き戸に交換

アウトセットという後付工事対応での引き戸です。
アウトセット引戸(施工前)    アウトセット引戸(施工後)


●ドアから半折れ戸に交換
引き戸に交換できない場合、浴室の折れ戸のように対応できるドアです。
参考 パナソニック  リビエ 内装ドア折れ戸 
この商品はオーダーメイドの対応も可能です。
半折れ戸(施工前)    hanoredo1-2

●ドアからアコーディオンカーテンやシャワーカーテン等への交換  
引き戸に交換できない場合に対応いたしますが、アコーディオンカーテン取付けの場合はたたみ幅が厚くなりますので有効開口寸法を必ず確認することが重要です。
アコーディオン(施工前)    アコーディオン(施工後)