関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

床面または通路面の変更についての注意点

■ ポイント

床面または通路面の変更とは、どのような工事が介護保険の住宅改修で適用できるのかを理解することが必要です。基本的には、転倒防止のため滑りやすい床面や通路面を滑りにくい床面や通路面に変更する工事です。

室内の事例では、和室床の畳からフローリングにする、あるいはコルクにするなどの工事は適用されます。畳からフローリングに変更することにより介護ベッドが置きやすくなり、利用者様本人も寝起きという行動の自立に役立つ結果となります。但し、転倒防止の滑りにくい床材という観点から考えた場合、一般的なフローリングより、靴下を履いていても滑らないというような特殊なフローリングの方が安全性が高いので、予算が許すのであれば検討したい点だと思います。

もちろん全ての利用者様が滑らない床材で良いのかと言うと、そうではありません。すり足でしか歩行できない利用者様の場合は、一般のフローリングの方が良いと言うケースもあるのです。

その他室内では、廊下、階段、あるいは浴室のタイル、洗面所やトイレの床材を変更する工事は適用できます。

屋外については、玄関アプローチの仕上材を変更する工事が適用されます。