関連サイト

  • たくみ21
  • ケンサン
  • おしえてリフォーム

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町) 静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡) 山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村 ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

和便器から洋便器に取替工事

和便器から洋便器へ交換

※数々の便器の変更事例はこちらから

平塚市 Y様邸 介護保険住宅改修工事適用和便器から洋便器に交換

床組みを解体し、腰壁パネルは下地合板を入れクロス仕上げとしていきます。

完成です。

介護保険の住宅改修工事に適用され、上限は20万円まで1割負担となり、オーバー分は実費精算となります。

和便器から洋便器への変更についての注意点

■ポイント

体が不自由になってもトイレだけは自立していたい。こう思うのはあたりまえではないでしょうか。オムツをしてベッド上で排泄することを望む人はいません。ましてや、寝たままの姿勢では排出したくてもできないことさえあります。ポータブルトイレでも同様です。トイレという場所でなくベッド横に置かれたポータブルトイレを利用するのに抵抗を持たない人はいません。音や臭いのことを考え我慢する方もいると思うのです。その結果、排泄がうまくできず他の病気を併発させてしまうこともあります。

最後まであきらめたくないのがトイレへの自立です。できるだけ自立支援になるトイレの改修をお勧めいたします。

介護保険住宅改修で適用される内容は、和便器から洋便器ということに断定されます。ここで気をつけたいのが、洋便器の選択です。利用者様のことをよく考え検討する必要があります。例えば、便器の大きさや高さ、トイレスペースの検討、また、指先が不自由であれば便座横のリモコンタイプより壁掛けのリモコンタイプの方が有効的に使えます。予算が許せばオート洗浄タイプも有効です。

立ち上がりが困難である場合は、高さは重要になり手摺との組み合わせも同時に考える必要があります。それでもきつい場合には、昇降便座の検討が必要です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。